雑文

[お酒について ]

以前はライブの時など、ケーキや甘いものを差し入れてくださる方がいらっしゃったのですが、最近は、私の辛党ぶりが知れてきてしまっているのでしょうか、ワインやウィスキー、またはおつまみ系が多いみたいです。
うーーーん、ちょっと複雑ですが、でも、もの凄くうれしいです☆
小学生の頃、近所の駄菓子屋さんで‘よっちゃんいか‘(いかの酢漬け、20円くらい?)を食べながら、「何かが足りない!」と漠然と思っていたのですが、ビールを始めて飲んだ時、「これだったのか~~!!!!!」と、感動しました。ビールは銘柄問わず、何でも好きです。日本酒も好きです。ジン、ウォッカ、焼酎、でもやっぱり、私はバーボンかな♪カクテル作りに凝った時もありましたが、何故か皆に不評でした。

[子どもの頃〕

子供の頃はとにかく、体が弱くて、いつも寝ていた、という思い出ばかりで。
小児喘息は、特にひどくて、呼吸が苦しくて、夜中に仰向けでは寝られなかったなあ。神経過敏傾向の子どもがなる、自家中毒というのもあって、何も食べられない日が続いたり、アトピー性皮膚炎もひどく、首から腕からいつも痒くて、血がだらだらでした。(>_<。。。)それに、薬の副作用で、ムーンフェイス(顔がむくんで、お月様のようになる)で、不気味な子供だったような気がします。そんなこんなで、学校も中学くらいまではお休みしてばかりでした。
父が牧師で家が教会でしたので、讃美歌、ゴスペルが私の音楽のルーツなのかな?バッハ、ヘンデル、モーツァルト。コラールに勝手に対旋律付けて歌ってたなあ。オルガンは門前の小僧で今でも弾いてます。小学校3年生くらいまでは、福島県に住んでいました。が、一家揃って詐欺師のおじさんに騙される事件(!?)で、東京へ出てきたわけですが、(ウチは結構、波乱万丈なんです^0^/ もともとドイツ系の教会で清貧?清く貧しく美しく的な雰囲気のところにまたそんな事があって大変でした>_<;;;)その時は、子供心にも、「なんだか、やばいことになってるらしいナ・・・」と。 でも、とても面白い優しいおじさんだったんですよね。よく、近所の川原に一緒に遊びに行ったり、お菓子買ってくれたり、お寿司とってくれたりと太っ腹で(あっちゃ~!!ですね)。まあでも、このおじさんに出合わなかったら、東京にも来なかったし、Jazzの演奏もしてないだろうな?とも思います。今頃、どうしているのかな?いつか会いたいな~♪(常習犯のようです、捕まってないみたいですね)

〔山谷〕

山谷はホームレスの人やドヤに泊まっているおじさん達の多く住んでいるところです。
そこにあります、ボランティアで運営しているお弁当屋さんに行っています。おじさん達に安いお金で栄養のあるお弁当を食べてもらおうというお弁当屋さんです。主に主婦の方が手作りでおかずを作ってくださり、とても美味しいと評判です。値段も「お酒飲むなら、お弁当食べて体力つけて欲しい」と、お酒1杯分の値段に設定してあります。
ここに通い始めたきっかけは、友人に「人手が足りないから1日だけ」と、連れて行かれたのですが、何故かずっと通い続けてしまっています。
週に一度通い始めてかれこれ10年以上になりますが、山谷の状況はもの凄く悪くなっていると感じます。この問題について話しを聞いたり、知れば知るほど、難しい問題や事柄が入り組んでいて、悪いのは社会か、国か、教育か、家庭か、おじさん自身か、、、何て簡単に言えません。
ここで様々なおじさんとの出会いがありました。ちょっと書ききれないのですが・・・・・・あるおじさんが「おれは生まれた時からついてなかった」と言っていました。聞きますと、本当にそのとおりなんです。やりきれない話が沢山です。
もっと努力すればいいんじゃないか?苦境から這い上がってくる人もいる。それはその通りですが、強者の見かたでもあるのかな。
いつか、山谷ブルースを作ろうと思っています。