« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月27日 (水)

ポルトでDuo

Dpp_1590

Dpp_1591

ギター穂積さんとは2度目の共演。
前回は緊張感あるかんじでしたが、今回はお互いリラックスしてなかなかに面白い展開でした♪
そして、チューバの方が飛び入りしてくださり盛り上がりました。
チューバでベースラインやアドリブソロもすごくてびっくりでした!

2016年7月23日 (土)

8月のスケジュール

8月のスケジュールです。
いよいよ暑い盛りですね!
どうぞお越しくださいませ=*^-^*=

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月1日(月)横浜エアジン
http://airegin.yokohama/   

『 トリビュート to 板倉克行2016 』
  6時過ぎ開場/7時頃開宴/
大沼志郎(ds)、森順治(as)、雨宮拓(p)
カイドーユタカ(bs)、神田綾子(vo)、北沢直子(fl)

♪故板倉さんを偲ぶ会ライブです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月12日(金)日暮里ポルト 

http://barporto.cocolog-nifty.com/   
     
こばやしみゆき(Vo) 下梶谷雅人(gt) 北沢直子(fl)

♪息ぴったりのこばみさん、下梶谷さんとご一緒させていただきます。。スタンダードなJazzナンバー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月19日(金)白楽ビッチェスブリュー       

http://www.ujr.jp/bb/    

大沼志郎(ds) 森順治(as) 雨宮 拓(p) 北沢直子(fl)

♪すごいバンドMASHと月一定例ライブ
 すごいことになっちゃってます・・・☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月24日(水) 入谷なってるハウス

http://www.maroon.dti.ne.jp/knuttelhouse/    

有永道人(tuba) 川村 祐介(Tp) 
照内 央晴(piano) 北沢直子(fl)

♪初めての顔合わせ。
チューバとフルートDuo、最高音と最低音が面白そうです。
あ、ピッコロ持って行こうっと~。ドキドキです☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月27日(土)高円寺アフターアワーズ

http://www.afterhours-1975.com/
     
能登朗子(vo) 川久保典彦(piano) 北沢直子(fl)

♪ハスキーボイス能登さんの横浜ホンキートンクブルースは必聴で  す。この日は高円寺阿波踊り。盛り上がりそうです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月31日(水)日暮里ポルト

http://barporto.cocolog-nifty.com/

『ジスモンチ祭り Vol 4』 
   尾花 毅(7弦ギター)北沢直子(fl)

♪ブラジルの作曲家、ピアニストでありギタリストであるエグベルト・ジスモンチの楽曲を演奏するライブ。「ジスモンチ祭り」も4回目です!血沸き肉躍る曲の数々にどきどきです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月1日(木)千駄木Isshhee

http://www.bloc.jp/barisshee/

「NEWMOONMEETING」
シマジマサヒコ(bass)
Samm Bennett(per)
北沢直子(fl)

♪イッシーのマスターがコーディネートしてくださって実現したこのメンバー。楽しみです!

2016年7月20日 (水)

なってるハウスにてMASHsession

All_1

なってるハウスでMASHsession
ドラム4人でのセッションやピアノ連弾、
たくさんの方が参加くださり盛り上がりました。
管全員で森さんの指揮で演奏したのが面白かったでしたー♪
有難うございました☆

2016年7月18日 (月)

MASHコルトレーンLive

Dpp_1585
コルトレーン命日の今日、永遠の少年三人組MASHとあセッションから始まりマイフェイバリっとシングすから凄すぎなライブでした。今日ここに居れたことに感謝です。あー面白かた!!!!
ふぃ〜。勉強になりました!
ありがとうございましたおやすみなさい☆

2016年7月15日 (金)

雨宮ユニット

Dpp_1584
(文・有永さん(Tuba)

ライブ終了しました。ご来場ありがとうございました。

いままでは2か月に1回くらいの割合でしたが、今回は4か月、間が空きました。久しぶりに雨宮さんのユニットで演奏すると、それぞれのインスピレーション の面白さにワクワクしながら、音を重ね合わせる気持ちよさを味わっている自分がいることがよくわかります。メンバーそれぞれの音の良さというか、呼吸の深 さのようなものを共有できる喜びがあります。

その時々のメンバーのみなさんの真情のようなものが音に立ち現れる感覚。そして、それが交錯することで彩られるリアルな音模様。これが、このユニットの醍醐味なのだと思います。


2016年7月11日 (月)

岸本一座 寺山修二の声が聞こえる「百年たったら帰っておいで」

Dpp_1567

役者岸本さんとのコラボも十年以上続いています。
今回もまた面白かったどきどきでした!
岸本さんの、寺山修二の世界観にどっぷり浸かりました。

2016年7月 9日 (土)

ターンテーブルbonstarさんとDuo

Dpp_1566

ボンスターさん職人技でした。
面白かったー!!!!!
貴重なレコードなど見せていただきました♪

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »